容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

2008年公開の日本映画です。
原作は東野圭吾の推理小説で、ガリレオシリーズの第3弾です。

高校の数学教師・石神哲哉(堤真一)は、アパートの隣室に住んでいる花岡靖子(松雪泰子)に密かな思いを寄せていた。
靖子は娘・美里(金澤美穂)と二人で平穏な毎日を過ごしていたのだが、ある日、アパートに別れた夫・富樫慎二が訪ねてくる。
富樫は、靖子がどこに引っ越してもしつこく付きまとう男で、暴力を振るう富樫を靖子と美里は殺してしまう。
呆然とする靖子と美里。
その直後、靖子の部屋へ石神が現れ、靖子たち親子を救うために、二人に指示を出し始めるのだった・・・。

女性刑事・内海薫(柴咲コウ)が湯川学・通称ガリレオ先生(福山雅治)に捜査協力を依頼するのですが、実は、ガリレオ先生と石神哲哉は、知り合いだったのですね。

最初は無感心だった湯川ですが、容疑者が「美人」だと聞いたとたん捜査に協力的になる場面は、私も納得できます。
やはり「美人」はいいですよね。

難事件なので、普通の刑事だけだったら絶対に解決できなかったかもしれません。
石神は少し運が悪かったのかも・・・。

でも、そんな考えは間違えでした。
石神には、自分を犠牲にしても、美里を助けたい思いしかありませんでした。
そこまで、思いを寄せられる相手がいるのでしょうか?
そんな彼の気持ちが理解できるような、できないような・・・。

最後まで、事件の真相はわかりません。
とても良く考えられているストーリーです。

ラスト、靖子が真相を知り、泣き叫ぶシーンは、言葉がありません。
石神もそこまでは予想できなかったのでしょう。
何か悲しいものがあります。

推理を楽しむと共に人の心を深く考えさせられる物語です。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: ブルータスの心臓 | Every day is Sunday.

Comments are closed.