相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜

相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜

2010年公開の日本映画です。
刑事ドラマの「相棒」シリーズの劇場版です。

元警視庁の刑事・八重樫哲也(小澤征悦)は、警視庁本部で会議中の警視総監以下12人の幹部を人質にして篭城する。
事件は、機動隊の強行突入、八重樫の射殺により無事解決するが、人質だった幹部たちは犯人の動機も調べずに、また、犯人の射殺を正当防衛として処理を急ごうとする。
この事件に疑問を抱いた杉下右京(水谷豊)は相棒の神戸尊(及川光博)と共に捜査を始めるのだった・・・。

テレビドラマの「相棒」も何度か見ましたが、ストーリーが良くできており、謎解きが面白い刑事ドラマです。
この劇場版もまあまあの出来だったかなと思います。

私は、テレビドラマは時々しか見ていないため、良くわからないのですが、警視監の小野田公顕(岸部一徳)は、良い人なのか?悪い人なのか?判断できません。

一度は、盗聴テープが証拠として採用されなかったため、警察幹部を告訴できなかった杉下でしたが、最後に、小野田警視監を殺害した警視庁生活安全部長の三宅貞夫(石倉三郎)を証人として、幹部の悪事を告訴しようと考える杉下には感心しました。

話は変わりますが、朝比奈圭子役の小西真奈美は可愛いですね。
また、相棒役は、亀山薫(寺脇康文)の方が好きですね。

評価 6

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発