ジュマンジ

ジュマンジ

1995年制作のアメリカ映画です。

1869年のある日、少年アラン(アダム・ハン=バード)は工事現場で古い木箱を見つける。
箱の中には「ジュマンジ」と書かれたボードゲームが入っていた。
アランは、友達の少女サラ(ローラ・ベル・バンディ)と共にゲームを始めてみると、次々と不思議な事が起き、しかも、アランはゲームの中に吸い込まれて消えてしまう。
驚いたサラはゲームをそのままにして、家を飛び出して逃げてしまうのだった。

時がたち1995年、かつてアランが住んでいた屋敷にジュディ(キルスティン・ダンスト)とピーター(ブラッドリー・ピアース)という姉弟が引っ越してきた。
ある時、彼らは不思議な太鼓の音に導かれ、屋根裏部屋でボードゲーム「ジュマンジ」を見つける。
そして、ゲームの続きを始めると、ライオンと共に大人になったアラン(ロビン・ウィリアムズ)が現れるのだった・・・。

この映画はもう何回も観ていますが、何度観ても面白い物語です。
物語の主な舞台・題材がジャングルです。
巨大な蚊や蜘蛛、毒草、猛獣、スコールなどが登場して、映像的にも見ごたえがあります。
続編に「ジュマンジ2」がありますが、こちらは宇宙を舞台にしていますが、圧倒的に一作目の「ジュマンジ」の方が面白いですね。

体は大人でも心は子供のままのアランの気持ちがよく分かります。
ゲームを続けている途中、ワニに襲われたサラを命がけで助けたアラン。
感激したサラがアランにキスしようとしますが、アランは雰囲気(意味?)が分からず、キスに応えようとしません。
この場面は印象的で良かったですね。

ストーリー、CG、演出も良く、とても面白い作品にまとまっています。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発