カンフーハッスル

カンフーハッスル

2004年制作の香港映画です。

1930年代の上海では、暴力組織の斧頭会が町を牛耳っていた。
貧困地区は相手にしてい斧頭会だったのだが、ある日、チャウ・シンチー(通称シン)とその相棒が豚小屋砦と呼ばれる貧困地区に来て「俺たちは斧頭会だ。」と住民を恐喝したことから、事件が始まる。
住民たちの反撃にあい、シンと相棒は偶然通りかかった斧頭会の幹部に助けを求めるが、斧頭会もボコボコにされてしまう。
怒った斧頭会は、大勢の仲間を連れて豚小屋砦へ殺到するのだった・・・。

久しぶりに観てしまいました。
この手の映画は大好きです。
チャウ・シンチー(周星馳)は、「少林サッカー」の主人公でしたね。
現実離れしたカンフーの技が次々と出てきて、とても楽しい映画です。

良かったのが、琴奏者の二人。
古琴波動拳の使い手で、琴の音色が波動となり、それを「剣」で表現して、相手を襲うシーンは素晴らしかったです。
また、その古琴波動拳を破ったユン(豚小屋砦の女主人)の獅咆哮(単なる大声?)は、凄かったですね。
もう少しで、火雲邪神をも倒すところでした。

どうやら、シンは死にかけるような大怪我から復活すると強くなるみたいですね。
まるで、サイヤ人の様です。
火雲邪神の崑崙派蛤蟇功(カエルのまねの技?)はいただけませんが、 最後に登場するシンの「如来神掌」が見ものです。

気になったのがシンが子供の頃に助けた女の子、ホアン・シェンイー(黄聖依)。
大人になってアイスクリーム売りとして再会します。 可愛いですね。
最後にシンが子供の頃のことを思い出して良かったです。

とにかく難しいことは抜きで、楽しんでください。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発