新・極道の妻たち 惚れたら地獄

新・極道の妻たち 惚れたら地獄

1994年の日本映画です。

大阪・ミナミに拠点を置く小さな組織・御蔵組の村木芙由は、病床の夫である組長に代わり組織を取りまとめていた。
彼女は、ある土地再開発にからむ利権を得て、御蔵組の基盤を盤石なものにしたいと画策しており、そのためにも無用な争いは避けなければいけないと考えていた。
ところが、その利権をめぐってキタの巨大組織・侠和会から襲われ、組長は亡くなり、芙由も重傷を負ってしまう。
暴走しそうな組員を必死に止める芙由だったのだが、度重なる侠和会の襲撃により、ついに抗争が激化してしまうのだった・・・。

少し前に紹介した「新極道の妻たち」が面白かったので、続きも見てしまいました。
今回のお話では、芙由(岩下志麻)は厳しく、怖ろしい面だけではなく、人情味がある面が強調されていたと思います。
また、身内の極道の妻たちの寂しさや夫を失う怖さなども良く表現されています。

新谷斎子役の斉藤慶子は、見た目、極道の妻らしくありませんでしたが、なかなかの好演です。
もっとも、その夫・新谷清二(山下真司)が弱気な極道でしたから、お似合いですかね。
また、権藤啓太役の世良公則はカッコ良かったですね。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発