20世紀ノスタルジア

20世紀ノスタルジア

1997年公開の日本映画です。

遠山杏(広末涼子)は放送部に所属する普通の高校生。
ある日、同じ高校の転校生・片岡徹(圓島努)と出会い、一緒に宇宙人の「チュンセとポウセ」の映画を作ることになる。
二人は映画の撮影をはじめるのだが、突然、片岡はオーストラリアへ転校してしまう。
杏は一人で映画を完成させようとするのだが・・・。

広末涼子の映画デビュー作です。
前半はほとんど意味不明ですが、後半から徐々に物語らしくなってきます。
高校生のさわやかな恋心が描かれていると思います。
相手役の圓島努ですが、美男でもなく、どちらかといえばちょっとカッコ悪い?でもそんな普通の感じが良かったです。
最後、片岡が日本に戻ってきますが、その時の彼の気持ちがなんとなく分かるような、でも分からないような・・・。
私には難しいものがありました。

でも、若い時の広末涼子もいいですね!

評価 5

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発