ザ・インターネット

ザ・インターネット

1995年のアメリカ映画です。

凄腕のコンピューターハッカー、アンジェラ(サンドラ・ブロック)は自宅でコンピュータソフトのバグなどを発見、修正する仕事をしていた。
ある日、友人のデイルから、一枚のFDDが送られてくる。
中身はごく普通のWEBサイトの画面だったが、右下にΠ(パイ)のマークがあり、これをクリックすることで、他のシステムや政府の機密情報等にアクセス出来るものだった。
この謎のディスクをめぐり、アンジェラは陰謀に巻き込まれていく。命まで狙われ始めたアンジェラの運命は・・・。

最初は自分に起きた事態が理解できずにただ逃げ惑うアンジェラですが、終盤から得意のコンピュータの知識を生かして反撃に転じます。
アンジェラが会社のコンピュータを操作して敵を探す場面はドキドキして見応えがあります。
また、最後に入れ替えたディスクの仕掛けはみごとでした。

古い時代の映画ですが、現在のコンピュータ犯罪にも通じるところが多々あり、情報のあり方について深く考えさせられる作品です。

でも、このぐらい自在にコンピュータを操作できるスキルがあればいいですね。
また、いつ見てもサンドラ・ブロックはいいですね。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発