猿の惑星 創世記(ジェネシス)

猿の惑星 創世記 ジェネシス

2011年公開のアメリカ映画です。
猿の惑星シリーズの新作、オリジナル・ストーリーです。

アルツハイマーの治療薬を開発中の研究者のウィル・ロッドマンは、実験台として猿に新薬を投与する。
しかし、その猿は凶暴化し実験は失敗に終わる。
その後、ウィルは猿が死ぬ前に産んだ仔猿(シーザー)を引き取り育てることにする。
シーザーは成長するにつれ驚異的な知性を発揮していく、新薬の効果が母親から引き継がれていたのだった。

ある日、シーザーは隣人から暴行を受けたウィルの父親を助けようとして、隣人を襲ってしまい、保護施設に送られてしまう。
そして、保護施設で虐待を受けたシーザーは、仲間の猿と共に立ち上がるのだった。

今までの猿の惑星シリーズとは全く違った展開のストーリーで新鮮味がありました。
また、猿たちの姿や動きも自然で違和感なく、とても上手に作られている映画です。
デジタルCGIの技術ですね。

始めは身振り・手振りで会話していたシーザーですが、人間への怒りから、「NO!」と叫ぶシーンは訴えるものがあります。

猿たちと警官たちの戦闘シーンがありますが、人間並みの頭脳を持った猿とでは運動能力の差で、警官たちに勝ち目はありません。

ラスト、シーザーがウィルに「シーザーは家にいる。」とつぶやき、仲間の猿と森に戻る場面は感動しました。

人間と他の動物の共存について、深く考えさせられる物語です。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発