ミッション インポッシブル / ゴースト・プロトコル

ミッション インポッシブル / ゴースト・プロトコル

2011年公開のアメリカ映画です。
「ミッションインポッシブル」シリーズの4作目です。

「コバルト」というコードネームの人物に渡されるはずの秘密ファイルをめぐり、攻防が繰り広げられるスパイ・アクション。
コバルトの正体は誰なのか、そして、秘密ファイルを奪うことはできるのだろうか。

・・・現在、公開中ですし、いつもネタバレなのですが今回は概要だけ紹介します。

久しぶりに映画館の大スクリーンで観てきました。
やっぱり映画館はいいですね。
映像、音楽ともに迫力満点でワクワクしますね。

イーサン・ハント役のトム・クルーズですが、今までと少しイメージが違ったような気がします。
ちょっと落ち着いた感じといいますか、髪が長いからですかね。

アクションはまあ従来どおりですけど、少しスパイ工作のドキドキ感がある場面が少なかったような気がします。
また、あっと言うようなどんでん返しもなかったような・・・ちょっと残念でした。

イーサンたちが使っている特殊な装備ですが、今回もスゴイもの(ハイテク)が登場し、楽しめました。
顔写真から本人を認識する携帯?は、あと何年かしたら本当に実用化されるかも。

評論家の間では、本作が最高の出来だということらしいのですが、まあそういう意見もわからないわけではありませんが、個人的には1作目の方が好きですね。

でも、とても楽しめた作品だったと思います。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発