るろうに剣心 京都大火編

るろうに剣心 京都大火編

2014年公開の日本映画です。

るろうに剣心」の2作目で「京都大火編」と「伝説の最後編」の前後編2部作として製作されています。

緋村剣心(佐藤健)は、神谷薫(武井咲)、相楽左之助、明神弥彦たちと楽しく暮らしていた。
そんなある日、剣心は、 達大久保利通から志々雄真実(藤原竜也)の暗殺を依頼される。
志々雄真実は、かっては維新派の暗殺者として働いていたのだが、鳥羽伏見の戦いで維新派が勝利した後、口封じのために殺されかけたのだった。
政府への復讐を果たそうとする志々雄は、大久保利通を暗殺するのだった。

楽しみにしていた映画です。

ですが、この「京都大火編」では、ちょっと盛り上がりに欠けていました。
前後編の2部作なので仕方ないのかもしれませんが、もう少し工夫があっても良かったのではないかと思います。

アクションは相変わらず見応えがあります。
剣心や瀬田宗次郎のスピード感がみごとでした。

宗次郎の縮地は、後半でしょうか?
楽しみです。

瀬田宗次郎役の神木隆之介が、まさにピッタリのキャストです。
また、薫役の武井咲は、前作よりは可愛くなったような気がします。

一方、巻町操役の土屋太鳳、四乃森蒼紫役の伊勢谷友介は、ちょっとイメージが違うような。
ストーリーも変更されていますし。

ラスト、浜辺で剣心を助けたのは比古清十郎でしょうか。
飛天御剣流の奥義がどう表現されるのか!
いよいよ後半、クライマックスですね。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発