HACHI 約束の犬

HACHI約束の犬

2009年公開のアメリカ映画です。

大学教授のパーカー(リチャード・ギア)は、迷子になっていた秋田犬の仔犬を助けて、家に連れ帰る。
仔犬を飼うことを決めたパーカーは、着けていた首輪に漢字の「八」が刻印されていたことから、「ハチ」と命名する。

1987年公開の日本映画「ハチ公物語」のリメイク作品です。

この映画は大好きで、もう3回も観ました。
ストーリーはおなじみの忠犬ハチ公の物語ですが、パーカーの孫・ロニーが小学校でハチの話を発表するシーンから物語が始まります。

なんといっても、リチャード・ギアの演技が素晴らしい。
歳を重ねて、渋みが増してきました。

ハチもいいですね。
亡くなってしまった主をずっと駅で待ち続けるハチ。
思わず涙してしまいます。

また、駅周辺の諸々の人たちの描写がいいですね。
いかにもアメリカといった感じですが、そこには日本にも通じる心があります。

ラスト、発表を終えたロニー。
クラスの仲間たちが皆、拍手します。
いいですね。

素晴らしい物語です。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発