ノア 約束の舟

ノア約束の舟

2014年公開のアメリカ映画です。

旧約聖書に記された「ノアの箱舟」の物語をもとに製作された映画です。
大洪水による世界滅亡を知らされた男・ノア(ラッセル・クロウ)とその家族が、使命を全うしようと巨大な箱舟の建造に乗り出していく。

なかなか見応えのある映画でした。
映像も素晴らしく、ストーリーも良かったと思います。
雰囲気は「十戒」に似ています。

単純にスペクタル映画として観るのならば面白いと思いますが、さすがに宗教色が濃いですね。
まあ、根底は宗教のお話なので、あくまでも神の意志に従おうとするノアの考え方など、理解しがたい部分もあります。
このへんがちょっとダルい部分でもありますが。

ところで、全世界の生き物をつがいで乗せた舟にしては、少し小さいような気がしてなりません。
舟の造りもちょっと雑かな。
すぐに水が漏ってきて、沈没しそうな・・・。
でもまあ、神様の舟だから大丈夫なのでしょう。

ちなみに、こちらの映画「2012」の方は、バリバリの現代版です。
迫力ある映像が圧巻です。
宗教的な要素もほとんどなく、単純に楽しめます。

ノアの養女・イラ役で、エマ・ワトソンが出演していますね。
途中まで気が付きませんでしたが、大人っぽくなっていました。

評価 6

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発