シムソンズ

シムソンズ

2006年公開の日本映画です。

カーリングを題材にした青春映画です。
初心者ばかりの女子高校生のカーリングチームが、紆余曲折を経て、成長していく姿を描いています。

北海道常呂郡常呂町の女子高生・伊藤和子は、やりたいことが見つからず、つまらない毎日を過ごしていた。
ふとしたことが切っ掛けで、友達を誘ってカーリングチーム・シムソンズを結成する。
シムソンズは、初めての大会に出場するが、1点も取れずに負けてしまう。
彼女たちは1点を目指して猛練習を始めるのだった・・・。

以前、テレビでオリンピックのカーリング競技を観戦しましたが、結構、燃えるものがありました。
この映画を観て、カーリングの奥深さが分かったような気がします。

シムソンズのメンバーは、主人公の和子(加藤ローサ)をはじめ、みな生きいきとした演技でとても良かったと思います。
メンバーそれぞれがいろいろな悩みを抱えていますが、目標となることを見つけて頑張り出す様子がうまく演出されています。
そして、あくまでも楽しいカーリングというテーマが最後まで貫かれています。

一度はバラバラになったチームですが、偶然、浜辺で4人が出会うシーンが好きです。
いままで、かたくなに心を閉ざしていた美希(藤井美菜)が初めて心を開きます。

また、試合の前にコーチ(大泉洋)が、メンバーを集めて、「あのハウスの向こうに何が見える?」と聞き、美希が「未来」と答えるシーンは最高ですね。
ちょっとクサイかもしれませんが、これが青春映画です。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発