白ゆき姫殺人事件

白ゆき姫殺人事件

2014年公開の日本映画です。

長野県のしぐれ谷国立公園内で、化粧品会社に勤務する三木典子(菜々緒)が滅多刺しにされ燃やされた遺体となって発見される。
テレビ番組の制作を請け負う派遣社員の赤星雄治(綾野剛)は、知人の狩野里沙子(蓮佛美沙子)から三木殺害の犯人は城野美姫(井上真央)ではないかとの情報を知らされると、その内容をツイートし始めネット上で話題となっていく。

原作は湊かなえの小説です。

面白かったですね。
特にストーリーが良かったです。
真犯人は誰なのか、話が進むにつれ、真実が明らかになっていく様子がうまく描かれていたと思います。
そして、最後は思いもよらない結末を迎えます。

この映画、インターネット上の炎上や報道被害をテーマにして、ネットの恐ろしさを訴えています。

いったんネット上にさらせれた情報。
無関係の人々は、真実を確かめようともせず、その情報を信じてしまいがちです。あっという間に良いことも悪いことも、知らない間に人々を洗脳していくかのごとく、拡散していきます。

井上真央は、地味で暗いOL役を上手く演じていました。

ほんとに顔から地味でしたね。
女性は化けますね。(笑)

気になったのが、城野美姫の回想シーン。
小学校のあの女の先生は酷いですよね。

テレビ局もいい加減ですね。
まだわからないのに、城野美姫を犯人扱い。
マスコミの体質ですね。

「人の記憶はねつ造される。人は自分の都合のいいようにしか記憶を語らない。大切なことを見逃すな。」

という言葉が印象に残りました。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発