アイアンマン

アイアンマン

2008年公開のアメリカ映画です。

アメリカ軍事企業の社長であるトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、クラスター型ミサイル「ジェリコ」のプレゼンのためアフガニスタンを訪れていた。
だが、帰路の途中、現地のゲリラ「テン・リングス」による捕縛されてしまう。
ゲリラから「ジェリコ」の作成を命令されるトニーだったが、彼は同じく捕虜となったインセン博士の協力を得ながら、ゲリラの目を欺いて密かにある物を作り始めるのだった。

タイトルが「アイアンマン」とそのまんま何の工夫も無いところが何とも言えません。
なんだか、ダサイイメージがあるのは私だけでしょうか。

でも、ストーリーはなかなか楽しめます。
軍事企業の社長で天才科学者でもあるトニー。

捕えられた洞窟内で、乏しい機材を駆使して、熱プラズマ反応炉「アーク・リアクター」の小型版を作るとは、凄い設定ですね。
しかも、それがないと心臓が止まってしまうという笑える設定、こういうの大好きですね。

それから、アイアンマンのスーツ作り。
いくらスーツに守られているとはいえ、はるかかなたの空から墜落しても大丈夫だったのは不思議です。

社長秘書のペッパー役のグウィネス・パルトローが良かったです。
それほど美人でもないのですが、献身的な感じがいいですね。
最後にトニーとのラブシーンがなかったのも以外でした。
でも、彼女の性格を表している良い演出だったのではないかと思います。

過激なアクションシーン満載で、スーツ同士のバトルも見ものです。
最後まで楽しんで観ることができました。

悪役である重役オバディア・ステインが言った「兵器を無くそうとして最強の兵器を作ってしまった。」という言葉には考えさせられます。

最後の記者会見でトニーが私が「アイアンマン」だと言った、その後はどうなるのでしょうか。
次回作が楽しみです。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発