ハムナプトラ 失われた砂漠の都

ハムナプトラ失われた砂漠の都

1999年製作のアメリカ映画です。

約3000年前、大神官のイムホテップはセティ1世の愛人であるアナクスナムンと恋に落ちる。
セティ1世から仲を疑われた2人はとっさに彼を殺害する。
アナクスナムンは自ら命を絶ち、イムホテップは彼女を生き返らせるために逃亡するが、王の兵団に捕えられる。
そして、イムホテップは禁断の呪い「ホムダイ」にかけられるのだった。

大好きな映画のひとつです。
これで3回ぐらいは観たでしょうか、何度観ても面白いですね。

最初から最後まで派手なアクションの連続。
古代エジプトの神話の謎を追い求めつつ、悪を倒すというストーリーもいいですね。

それに、エヴリン役のレイチェル・ワイズがとても可愛いですね。
出演当時は、28歳ほどでしょうか。

知的で、可憐で、美しく、でも少し幼さが残っている感じですね。
リック(ブレンダン・フレイザー)が言った「女としては、まだまだだな。」というセリフが妙に納得できます。

やはり、こういった冒険物には、美しいヒロインが必須ですね。

ストーリーも面白く、最後までハラハラ、ドキドキの物語です。
また、イムホテップの変身シーンなどもリアルでした。

人気があってのでしょうか、この後、続編が公開されています。

  • ハムナプトラ 2 黄金のピラミッド(2001年)
  • ハムナプトラ 3 呪われた皇帝の秘宝(2008年)

どの作品も面白いです。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発