アナと雪の女王

アナと雪の女王

2014年公開のアメリカ映画です。

アレンデール王国の王女・エルサは、触れたものを凍らせたり、雪や氷を作る魔法の力を持っていた。
ある夜、妹のアナと雪だるまを作って遊んでいたところ、誤って氷でアナを傷つけてしまう。
二人の両親である王と妃は、アナを助けるため、トロールたちの所に行って救いを乞う。
トロールのおかげでアナは命を取り留めるがのだ、二人で遊んで楽しかった思い出だけ残して、魔法に関する記憶を失うことになる・・・。

大ヒットしたウォルトディズニーのアニメーション映画です。
早々とオンデマンドでも公開されたので早速観てみました。

物語も面白く、映像も綺麗で、良かったですね。
アナと婚約した王子、好青年かと思いきや、終盤であっと驚く展開に、と大げさに言うほどでもないのですが。
もっとも初めて出会って数時間でプロポーズしたうさんくさい人物でしたが・・・。

アナは妹っぽく、愛らしい感じで、エルサは大人の女性という感じですね。
二人とも王族の女性らしく気品もあって、よくできたキャラでした。

また、アナやエルサの微妙な表情の変化がうまく表現されていました。
氷や雪の描写が素晴らしく、まるで本物の映像のようでした。
さすがディズニー。

ところで、この映画を観る際に「字幕版」か「吹替え版」、どちらを購入しようか迷いました。
イディナ・メンゼルはきっと良いだろうなと思いつつ、松たか子と神田沙也加も捨てがたいし・・・。
考えた末「字幕版」を観たわけですが、想像どおりイディナ・メンゼルの歌が素晴らしかったですね。

でも、どうしても松たか子が諦めきれずに、結局「吹替え版」も観てしまいました。(笑)
こちらもどうして、よかったです。
吹替え版でも、映像と声や歌がうまくマッチしてましたし、字幕版を観た後でも、違和感はありませんでした。

プロモ映像のエルサが魔法で氷の城を造り出すシーンは盛り上がりますね。
いきなり前半部分で登場します。
松たか子が「ありのままに・・・」と歌っているのも「なるほど!」とうなずけます。
また、大人になったクリストフ、子供の頃の面影が残っていて、不思議と感心しました。

日本語版のエンドロールで、May J が歌う「レット・イット・ゴー」が流れますが、松たか子で良かったのになあ。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発