メガ・パイソン

メガ・パイソン

2009年製作のアメリカ映画です。

アフガニスタン山岳地帯で、スタンレー中尉率いる米軍小隊は、巨大モンスター(メガ・パイソン)に遭遇する。
アフガニスタンの山岳地帯で、スタンレー中尉率いる米軍小隊はタリバンの捕虜になってしまう。
だが、処刑寸前、敵のゲリラは何者かに襲われ、突然姿を消してしまう。
理由もわからず荒野を進むスタンレーたちの前に出現したのは、巨大モンスター(メガ・パイソン)だった。

くだらないけど、この手の映画は大好きです。

でも、「メガ・ピラニア」のようなナンセンスなストーリーを期待していたのですが、ちょっと刺激に欠けました。

まず、登場するモンスターがどうみても ”パイソン” じゃないだろうって!
どちらかといえば、巨大なミミズかな。

ストーリーもあまりにも正統過ぎで、逆に面白くありません。
なんだかつまらない平凡なパニック映画みたい。

巨大モンスターが、なんと空中のヘリコプターを食べてしまう。なんてところは、いかにも ”Z級” 映画と言えるのですが、やはり、アルバトロス・フィルムならば、もっと過激な展開を考えて欲しかったと思います。

登場人物たちも真面目過ぎて、これでは普通の映画に成り下がって?しまっています。

ちょっとガッカリした作品でした。

評価 4

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発