武士の献立

武士の献立

2013年公開の日本映画です。

江戸の武家に奉公する舟木春(上戸彩)は、料理の腕を見込まれ、加賀藩に包丁侍として仕える舟木伝内(西田敏行)から、次男・舟木安信(高良健吾)の嫁にこわれる。
春を嫁にもらうことによって、料理修行に身が入らない安信を一人前の加賀藩御料理人にしたいという思いであった。

楽しみにしていた映画です。

武士の家計簿」に続く、江戸時代の加賀藩に仕えた武士の姿がほのぼのと描かれています。

何といっても、上戸彩が良かったです。
劇中、夫から「古だぬき」と呼ばれてしまいますが、そんな雰囲気を醸し出していました。

安信の昔の恋人役で成海璃子も登場しています。
彼女も好きな女優の一人なのですが、もうちょっと出番が多ければよかったです。

現代の料理に比べて、江戸時代の料理は華やかではありませんが、素材そのものはとても良いものだったのではないでしょうか。
作品に登場する料理は、どれも美味しそうでした。

ところで、劇中”鶴もどきの吸い物”が登場しますが、”鶴”って美味しいのでしょうか・・・とても気になります。
でも、”もどき”ですから、結構、家計が厳しかったようですね。

ストーリーも面白く、包丁侍の仕事も興味深いものでした。
算盤侍や包丁侍、あと「天地明察」もありましたね。
そんな、あまり知られていない武士の生活を描いた物語もいいですね。

「武士の家計簿」「武士の献立」に続く第三弾があればいいですね。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発