黒執事

黒執事

2014年公開の日本映画です。

若い女性が多数監禁されている倉庫内で、一人の少女が組織の者から暴行を受けていた。
彼女の潜入した目的を追及されていたのだ。
だが、そこへ現れた彼女の執事は、十数名もいた敵をたった一人で殺害し、彼女を救いだすのだった・・・。

面白かったですね。

初っ端の倉庫のシーン。暴行を受けている少女。
最初は誰かなと思ったのですが、よく見ると剛力彩芽でした。
ちょっと嬉しくなったかな。(笑)
幻蜂清玄の役で、本当は男装した少女(汐璃)です。
まあ、髪が短いので、男の子に見えなくもないかな?

この物語は全然知らなかったのですが、設定がわからなくても、十分に楽しめました。
映画を観ているうちに自然に理解できました。
また、アクションも迫力があって良かったですし、ストーリーも面白かったです。

剛力彩芽の演技は言わずもがなですが、セバスチャン役の水嶋ヒロは悪魔の雰囲気をよく出していたと思います。

特にカッコよかったのが、幻蜂家のメイド・リン(山本美月)が、汐璃の絶体絶命のピンチに眼鏡をはずして武闘系に変わるシーンです。
なかなかのアクションでした。

うちにもこんなメイドがいればいいなあ。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発