藁の楯

藁の楯

2013年公開の日本映画です。

ある日、孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川(山崎努)が、主要新聞各紙に「この男を殺して下さい。名前・清丸国秀。お礼として10億円お支払いします。」という広告を掲載する。
賞金が賭けられ、命を狙われはじめた清丸国秀(藤原竜也)は、逃亡先の福岡で自首する。
警視庁のSP、銘苅一基(大沢たかお)と白岩篤子(松嶋菜々子)は、この清丸を警視庁まで護送する任務に就くのだった。

以前から観てみたかった映画でした。

実はもう少し派手なアクションが中心の映画かと思っていたのですが、少し違っていました。
主人公・銘苅の心の葛藤が中心だったみたいです。
でも、そのわりには、ラストは盛り上がりに欠けていました。

そもそも、手錠をした清丸ごときに刺される銘苅ではありません。
また、その姿を見た蜷川が10億円の懸賞を取り下げるのも安直かなと思います。
でも、ストーリーは結構面白かったと思います。

銘苅役の大沢たかおはカッコ良かったですね。
清丸役の藤原竜也も言うことが意味不明な凶悪殺人犯を好演していました。

でも、気になったのが、新幹線の中で暴力団風の男たちに撃たれて死んだ神箸刑事。
どうして彼は防弾チョッキを着ていなかったのでしょうか。

また、白岩がどんくさい。
2回も清丸からよそ見して、目を離して、しかも殺されてしまいます。
前半では、もう少し優秀な感じがしたのですが・・・。
キャストもどうして松嶋菜々子なのだろうかと疑問に思います。
他の人でもよかったのでは?

それと、銘苅たちが警視庁に到着したとき、自分自身の手で清丸を殺そうとした蜷川ですが、持ってきたのが仕込み杖とは・・・。
ちょっと無理では、せめて拳銃とか、マシンガンとか(笑)
それとも、まわりの警官たちの誰かが襲ってくれば、最後にもう1回盛り上がったのではと思います。

でも、ラストで、銘苅が生きていて、白岩の子どもと一緒にいるシーンは、ホッとしました。
良かったです。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発