清須会議

清須会議

2013年公開の日本映画です。

本能寺の変で織田信長が討たれた後、織田家の後継者や領地配分を定めるために、柴田勝家(役所広司)や羽柴秀吉(大泉洋)、丹羽長秀(小日向文世)などの武将たちが清州城に集まる。
柴田勝家は信長の妹・お市(鈴木京香)を、羽柴秀吉は信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方にする。
そして、いよいよ跡継ぎを決めるための清須会議が開催されることになるのだった。

清州会議での秀吉たちの様々な駆け引きをちょっとコミカルに描写しています。

清州会議については、いろいろな時代劇で、特に秀吉ものではよく見かけますが、基本的には同じストーリーです。
ただ、この作品では清州会議当日前までの武将たちの駆け引きが中心に描かれていました。

大泉洋が演じる羽柴秀吉が良かったですね。
秀吉の有能さや人身掌握術が十分に味わえます。

対して柴田勝家、これが無能でバカまる出し。
滑稽に思えますが、愛すべきキャラに描かれています。
演出のうまさでしょう。

また、丹羽長秀役の小日向文世が渋くてよかったです。

一方、女優陣ですが、お市役の鈴木京香や松姫役の剛力彩芽など、昔風のメイク(眉毛がおでこに書いてあります。)で、ブサイクでした。
特に剛力彩芽を楽しみにしていたので、ちょっとガッカリでした。

清須会議の行方と駆け引きは、結果が分かっていてもハラハラします。
実際の史実はどうだったのか、分かるすべはありませんが、とても面白い作品に仕上がっています。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発