西遊・降魔篇

西遊・降魔篇

2013年公開の中国映画です。

退魔師の玄奘(ウェン・ジャン)は、村人たちを襲う魚の化け物(沙悟浄)を捕えようとするが失敗して、女退魔師の段小姐(スー・チー)に助けられる。
次のターゲットは、豚の化け物(猪八戒)だったが、かなりの強敵。
段小姐でもかなわない相手のため、玄奘は猪八戒を倒せるという猿の化け物(孫悟空)を探しに行くのだった。

周星馳(チャウ・シンチー)監督の作品です。

まあ、基本的には「カンフー・ハッスル」+「西遊記」の映画で、コメディタッチです。

若き三蔵法師が、沙悟浄、猪八戒、孫悟空を従えて、旅に出るまでの物語。
最初はダメダメだった三蔵法師が、愛する段小姐を亡くしたことから、悟りを開き、旅に出るのです。

映像は綺麗でした。
孫悟空らの変身シーンも迫力があり、見応えがあります。

アクションシーンもまあまあですが、「カンフー・ハッスル」の二番煎じの感が否めません。
特に終盤、巨大な足のシーンや空飛ぶ剣のシーンは、新鮮味がありません。

段小姐役のスー・チーですが、綺麗なのか、ブスなのか、微妙でした。
それが、またいいのですが。

ところで、圧倒的な強さを持つ孫悟空。
なぜか、「ドラゴン・ボール」を思い出してしまいました。(笑)

もう一工夫あれば、もっと良かったと思います。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発