食神

食神

1996年の香港映画です。

食神と呼ばれた料理人の周(チャウ・シンチー)は、マネージャーの裏切りによって、料理会を追われてしまう。
だが、屋台で商売する若者達と出会い、再起を掛けた料理を生み出すのだった。

チャウ・シンチーが出演していたので、何気なく観てみました。
少し昔の映画です。

内容は、一言でいえば「バカだなあ」という感じです。
ですが、「少林サッカー」や「カンフー・ハッスル」に比べるとインパクトに欠けます。

ストーリー自体も平凡で、面白みがありません。
アクション(カンフー)も物足りなく、迫力がありません。

また、ヒロインが、あまりにブサイク。
これが良いという評価もあるようですが、このブサイクさでは感情移入ができません。

少林サッカーでは、最初はブサイクなヒロインでしたが、実は美女だったという展開でしたが、この映画では、最初から最後までブサイクのままです。

ちょっと、がっかりしました。

評価 5

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発