刑事物語 5 やまびこの詩

刑事物語 5 やまびこの詩

1987年公開の日本映画です。

群馬県沼田市。
牛乳配達の女性が毒入りの牛乳を飲んで病院に運ばれる事件が起きる。
所轄の警察はたんなる愉快犯の犯行と考えるが、片山刑事(武田鉄也)は、その牛乳の配達先のアパートに住む真咲直子(賀来千香子)と真子(鈴木保奈美)の姉妹が狙われた犯行と確信するのだった。

とても懐かしい映画です。

この作品は、武田鉄也主演の「刑事物語」シリーズの5作目、最終作です。

また、賀来千香子と鈴木保奈美のデビュー作でもあります。
二人とも若いですね。

賀来千香子はデビュー当時からかなりの美人でしたね。

また、鈴木保奈美のレオタード姿でのダンスシーンは見ものです。

この当時、演技は まだまだ だったようですが、今の彼女よりもずっと可愛らしかったです。
東京ラブストーリー」での彼女も良かったのですが、こちらの方もなかなかのものです。
貴重な映像を見てしまったという感じがします。

この作品、他のシリーズと比べて、物語も凝っていたように思います。
他の出演者も豪華で、見応えがあります。
ラストシーン、バックでテーマソングが流れ、そして片山が見た車窓の文字・・・印象的でした。

古き良き日本の映画といった感じですね。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発