おいしい食卓

おいしい食卓

2009年制作の日本映画です。

深い傷を負った男が大金を抱えながら森を彷徨っていた。
辿り着いたのは山奥の一軒家だった。
そこには、親切な家族が住んでおり、傷の治療を施してもらい、崖崩れのため通行止めとなった道が復旧するまでの間、療養させてもらう事になるのだが・・・。

久しぶりのZ級ホラー映画です。
タイトルから容易に想像できる結末です。

山奥の家で治療してもらうシーンはちょっとグロイです。
男の傷口に女が手を突っ込みいじくりまわします。
見ているだけで、すごく痛そう。
でも、怖かったのはその場面だけです。
あとは、ホラーだか、コメディなのか、よく分りません。

しかも、出演者全員の演技が学芸会レベル。
それにもう少し可愛い女の子を揃えて欲しかったところです。

という訳で、これといった見どころもないわけですが、なんとなく最後まで見てしまいました。

ストーリーが平凡ならば、せめてグロ系で攻めるか、スプラッターをメインにするとか、もっと違った作り方があったのではないでしょうか。
似たような映画で「クライモリ」がありますが、比べものになりませんでした。

でも、結構この手の映画は好きな方です。

評価 4

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発