タイピスト!

タイピスト!

2012年公開のフランス映画です。

フランスの片田舎で暮らしているローズ・バンフィルデボラ・フランソワ)は、町を離れてルイ・エシャール(ロマン・デュリス)が経営する保険代理店の秘書として働くことになる。
なんの取柄もない彼女だったがタイプライターの早打ちだけは得意だった。
だが、秘書の仕事では失敗ばかり、一週間の見習い期間が終わり、秘書には向いていないと宣言されるローズ。
だが、秘書を続けたいのならば、タイプライター早打ち大会に出場して優勝せよとルイから命じられるのだった。

心温まる物語でした。

基本はラブストーリーですが、タイプライターの早打ち大会がからんでいるところが良かったですね。
なんといっても勝負シーンがあると物語は盛り上がりますね。
ラブストーリーだけだったら、途中でいやになったかもしれません。

そして、ヒロイン役のデボラ・フランソワが凄くいいですね。
それほど美人ではないのですが、清楚でピュアな感じがたまらなく良いですね。
なぜか人を魅了される雰囲気があります。

ローズの誕生日にプレゼントを贈るルイ。
それがなんとタイプライターの特訓用キーボードカバー。
それも手作りの木製。
「女心が分かってない。」と嘆くローズ。

思わず笑ってしまいました。
微笑ましいシーンです。

ところで、当時はタイプライター早打ち大会の優勝者はすごく名誉だったみたいですね。
映画では、女の子の憧れみたいな風に描かれていました。

ラストのシーンは完全に読めましたが、それでもなお感動します。
ラブストーリーが嫌いな方にもお薦めです。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発