ガッチャマン

ガッチャマン

2013年公開の日本映画です。

突然現れた謎の組織ギャラクターは、地球の半分を占領していた。
国際科学技術庁の南部博士は、ギャラクターに対抗するために5人の若者を探し出し、訓練を行う。そして究極の兵器に変身した5人はガッチャマンと名乗り、ギャラクターに立ち向かうのだった。

テレビアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」の実写版映画ですね。
ですが、原作のアニメのイメージとは程遠い作品になっていました。

ちょっと期待していたのですが・・・。
まあ、メカや戦闘シーンなどは、最新のVFX技術を駆使して描かれており、見ごたえがありましたが、ストーリーが面白くありません。
勧善懲悪のヒーロー物語、スーパーアクションを期待していたのですが、なぜか安っぽい恋愛物語になっていました。

ジョージ浅倉役の綾野剛は、思ったよりもカッコよく、なかなか良い雰囲気を出していましたが、鷲尾健役の松坂桃李はイマイチでしたね。
アニメにあったカッコよさが全くありません。
ヒーローのイメージからはほど遠いものでした。

大月ジュン役の剛力彩芽は、可愛いのですがアニメのイメージとはちょっと違うなという感じですね。
でも、まあ許せるレベルです。

物語が面白くないせいか、観ている途中、飽きてしまいました。
ラストのクライマックスも盛り上がりに欠けています。

何と言っても「科学忍法火の鳥」が出ないのが残念でした。

評価 3

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発