闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん

2012年公開の日本映画です。

19歳の鈴木未來(大島優子)はフリーター、将来の目標もなく、ギャンブルにはまっている母親と幼い弟を抱え、鬱積して日々を過ごしていた。
そんなある日、カウカウ・ファイナンスを営むウシジマ(山田孝之)が母親の借金の取り立てに現れる。
お金に困った未來は友人の紹介で、出会いカフェで働くようになるのだったが・・・。

原作は、真鍋昌平作の漫画です。
読んだことはありません。

同じ金融関係の物語で「ナニワ金融道」という漫画がありましたが、こちらの方も面白かったですね。 内容がリアルというより、ヤバイ感じです。

闇金の社長・ウシジマ役の山田孝之が凄すぎます。
圧倒的な迫力がありました。顔も怖いですし・・・。
最初は役者が誰なのか全くわかりませんでした。

ヒロインの大島優子もまあまあでした。
彼女の生き方を通して、お金の怖さや大切さを主張しようとしたところは、上手に作ってあったと思います。
彼女が手を出したのは、出会い系のバイトまでで、よくある風俗嬢にはなりませんでしたね。
まあ、大島優子だから仕方ないか。
でも、思い切って、そういう役柄も演じて欲しかったと思います。

気になったのが、イベントサークル代表の小川純(林遣都)。
最後に彼はどうなったのでしょうか。
なんとか生還できたのでしょうか。
ちょっといつものウシジマのやり方とは違っていたような感じでしたが・・・。

久しぶりに面白い映画を観ました。
パート2も公開されるということなので、こちらも楽しみにしたいと思います。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発