クライモリ

クライモリ

2003年製作のアメリカ・ドイツ合作の映画です。

医学生のクリス(デズモンド・ハリンントン)は、ウェストバージニア州の森の中を通る道で、パンクで停まっていた5人グループの車に追突してしまう。
誰も怪我は無かったのだが、車は故障し、携帯電話も通じない。
公衆電話のある場所まで行こうと何人かが山を降りることにしたのだが、想像を絶する恐怖が彼らに襲いかかるのだった。

この手の映画は大好きですね。

最初はゾンビかなにかが出てくるのかと思っていましたが、意外や意外、正体は人間でした。
でも、普通の人間とはちょっと違いますが・・・。

近くの工場が川に垂れ流している有毒物質のせいで、村には先天異常がある子供が産まれる。
そのため、ほとんどの者は山を降りるのだが、残ったわずかな者は村での生活を続ける。
そのうち、近親者同士の結婚を繰り返し・・・と、妙に現実っぽい設定もなかなかです。

なぜか、相手は体力も腕力も強く、なかなか死にません。ほとんど不死身。
拷問好き。
そして、なかなか賢いのです。

スプラッターも過激です。
苦手な人は観ない方がいいでしょう。

最後に誰が生き残るのか、予想しながら観るのも楽しいです。
まあ、セオリーでは一番の美人が生き残るのですが。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発