真夏の方程式

真夏の方程式

2013年公開の日本映画です。

夏休みに小学5年生の少年恭平(山﨑光)は、玻璃ヶ浦にある親戚が経営する旅館へ向かう電車の中で湯川に出会う。
湯川学(福山雅治)は、海底鉱物資源開発企業のアドバイザーとして、住民説明会に出席するために玻璃ヶ浦へ来たのだが、玻璃ヶ浦では開発反対派の川畑成実(杏)たちと開発企業が激しく対立していた。
そんなとき、同じ旅館に泊まっていた元刑事の塚原正次が変死体となって発見されるのだった。

ガリレオシリーズの劇場版「容疑者Xの献身」に続く2作目の映画です。

やはり、東野圭吾原作のミステリーは面白いですね。
この作品、心の中の「秘密」がテーマになっています。
トリックは「容疑者Xの献身」には劣るものの人の愛情・心理を見事に描いています。

ヒロイン役の杏、なかなか良かったです。
いきいきとした演技で本当に海が好きなんだなあという感じがでていました。
ただ、重大な秘密を隠している割には、少し明るすぎないかなとも思います。

ですが、物語の中心になっていたのは、少年・恭平でしょう。
最後の方で「僕、花火やっちゃいけなかったの」という場面では、切なくなります。

相棒?の岸谷刑事役の吉高由里子は、単に出演しているだけという感じで、出番もあまりありません。
個人的には好きな女優なのですが、刑事役はあまり似合わないような気がします。
彼女が持つ独特のキャラのせいでしょうか。
やはり、柴咲コウの方が良かったですね。

ところで、今回、湯川は、子供の側にいてもジンマシンが出てきませんでしたね。
どうしてでしょうか。
子供のわりには、論理的な考え方をしていたからなのでしょうか?
塚原の変死体が発見されたときの推理力は感心しました。

全般的には、見応えのある映画でした。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発