ナイト&デイ

ナイト&デイ

2010年公開のアメリカ映画です。

ジューンは、空港でふとしたことからロイという男と知り合いになり、 二人は同じ飛行機に搭乗することになる。
飛行中、突如、乗客や乗務員、パイロットから襲われたロイは、逆に全員を倒してしまう。
飛行機は不時着して、二人は無事に脱出するが、その後、ジューンはロイに睡眠薬を飲まされる。
目が覚めるとそこは自宅のベットで、外に出るとFBIが待ち構えていた。
ジューンの運命は?
二人の壮絶な逃亡劇が始まるのだった。

すごく面白い映画でした。
アクションシーンも満載で、ストーリーも良く考えられていたと思います。

誰が正義で、誰が悪なのか。
話が二転三転して、最後の方まで真相がわかりません。

キャメロン・ディアス演じるジューンですが、物語の前半では不安と恐怖でおどおどしている様子でしたが、後半から徐々に前向きになり、最後ではロイ並みの活躍をする展開は、いかにもアメリカ的でした。

トム・クルーズはこういったスパイ役が似合いますね。
一部に人気が落ちてきたという記事もありましたが、この映画も良くできていたと思います。
雰囲気、ミッション・インポッシブルのノリですね。

最後の最後まで存分に楽しめました。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発