県庁おもてなし課

県庁おもてなし課

2013年公開の日本映画です。

高知県庁では観光促進のために「おもてなし課」が新設される。
若手職員の掛水(錦戸亮)は、元県庁職員で観光アドバイザーの清遠和政(船越英一郎)の助言を得ながら、バイトの多紀(堀北真希)と共に「おもてなし課」を動かしていくのだった。

原作は有川浩の小説ですが、高知県には実際に「おもてなし課」があるようです。
ちょっと興味があったので見てみましたが、物語は平凡で普通の話でした。

「おもてなし課」の仕事が中心なのか、掛水と多紀の恋愛が中心なのか、どっちつかずで、なんだかテーマがぼやけているような気がしました。
それと並行して、吉門喬介(高良健吾)と清遠佐和(関めぐみ)の関係も絡んでいくので、やはり恋愛系なのかなという感じもします。

県庁職員の掛水はいかにも県庁職員といった感じですね。
ほんとに空気を読めないキャラがいいですね。
錦戸亮が掛水のなんだかボケた感じをうまく表現していました。
ですが、人気作家の吉門喬介が思ったより若くて、少し軽い感じでした。

堀北真希は可愛らしくて良かったです。
ちょっと堅いかなという感じもしましたが、県庁のバイト職員だからそんなものかも。
ただ、掛水と多紀を恋の経過が端折り過ぎます。
重みが無いというか、現実的ではありません。

最後の掛水のテレビ番組のシーンもなんだか安易な展開でした。
結局、最終的にどうなったのかわからない、あいまいなところが県庁らしいですね。

評価 6

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発