プリンセス・トヨトミ

プリンセス・トヨトミ

2011年公開の日本映画です。

会計検査院の検査官、松平、鳥居、旭の3人は検査のため大阪を訪れる。
検査先のひとつである「社団法人OJO」の検査も問題なく終えようとしていたのだが、携帯を忘れて取りに行った松平が不信な点を見つける。

松平は旭に命じて「社団法人OJO」について詳しい調査を行う。
徐々に真相が明らかになっていくのだが、そこには「大阪国」という謎が隠されていたのだった・・・。

原作は万城目学の小説です。
他の作品に「鹿男あをによし」などがあります。たしかテレビドラマにもなりましたよね?
この作品も奇想天外なストーリーでした。

松平役の堤真一、鳥居役の綾瀬はるかが各々のキャラクタを面白く演じています。
かなり期待していたのですが、ストーリー自体は、すごく面白いとまでは言えないような気がします。
この作品が訴えているテーマをもっとうまく表現できれば良かったのではないかと思います。
原作は読んでいませんが・・・。

また、綾瀬はるかファンとしては、彼女の出番、存在感をもっと出して欲しかったと思います。
鳥居が王女を連れて逃げる(拉致と勘違いされますが、)展開が、映画の中ではあまり意味の無いシーンになってしまっています。

話が変わりますが、綾瀬はるかが商店街などの中を一人で走るシーンは迫力があって、良かったですね。

どこがよかったかは秘密です。

評価 5

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発