×ゲーム 2

×ゲーム 2

2012年公開の日本映画です。

女子高生の佐伯美鈴(多田愛佳)は、とある学校の教室で目覚める。
そこには美鈴の他に4人の男女が拉致されていた。
5人には授業と称される課題が与えられ、クリアできなかった場合には理不尽な×(罰)ゲームを強いられるのだった。

×ゲーム」の続編です。
ですが、登場人物、ストーリーとも別の物語になっています。

初っ端、メインの面白い場面から始まります。
そこから徐々に謎を解明していく展開です。
かったるい序盤の展開を省いていて好感が持てます。

そもそもこの×ゲームシリーズは、いかに奇抜で残酷な×ゲームをクリアしていくのかが見どころなのですが、この展開は「SAW」シリーズや「ファイナル・デスティネーション」シリーズに良く似ています。

今作もそれなりに楽しめる出来上がりです。
まあ、×ゲーム内容や描写は格段に落ちますが・・・。

ラストのどんでん返しも予想外でした。
が、もうひとつ盛り上がりが欲しかったです。
あまりにもあっけない終わり方でした。
最後の×ゲームがあれば・・・。

残念。

評価 5

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発