野生の証明

野生の証明

1978年公開の日本映画です。

東北のとある村で謎の大量虐殺事件が起こり、ただ一人、少女の長井頼子(薬師丸ひろ子)だけが生き残った。
偶然、その事件に遭遇した自衛隊員の味沢岳史(高倉健)は、自衛隊を辞職後、頼子を引き取り、親代わりとなって育てていた。
そんな、味沢と頼子は、東北の地方都市を舞台にした巨大な陰謀に巻き込まれていくのだった・・・。

懐かしい映画です。

最近話題の「あまちゃん」に出演している薬師丸ひろ子のデビュー作です。
公開当時はもの凄い反響があったことを記憶しています。
ほんとまだ幼くて初々しいですが、鋭い目が印象的でした。
今の彼女からは想像もできませんね。(失礼)

この映画、多数の戦車やヘリコプターが登場しています。
当時の映画としては、めずらしく迫力がある映画に仕上がっています。
最初、自衛隊が協力していたのかなと思ったのですが、実はアメリカ軍のものだったみたいですね。

また、首が切断されたり、頭がカチ割られ、血が噴き出す過激な場面がたくさんあるのも特徴です。
もっとも、現代のスプラッター映画ほど気持ち悪くはありませんが・・・。

主演の高倉健もいいのですが、なんといっても、越智朋子役の中野良子が良かったですね。
見かけはか弱い女性なのですが、心に秘めた強い意志がある、独特の雰囲気があって、色っぽい。
なんとも言えません。

結構、好きな女優ですが、今はどうしているのでしょうか。
震える舌」の女医役も良かったですね。

ラストシーンで、多数の戦車とヘリコプターに一人立ち向かっていく味沢。
その後はどうなったのでしょうか?
すごく気になります。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発