ストロベリーナイト インビジブルレイン

ストロベリーナイト インビジブルレイン

2013年公開の日本映画です。

小林充という暴力団員が殺害される事件が発生する。
姫川玲子(竹内結子)率いる姫川班が所属する捜査一課は、この事件を組織犯罪対策第四課(組対四課)と合同で捜査することになった。
そんなとき、謎の通報者から犯人は柳井健斗だという密告の電話がある。
だが、警察上層部からは柳井健斗にはかかわるなという命令が下るのだった。

ご存じの刑事ドラマ「ストロベリーナイト」の劇場版です。

まあまあの出来かな。
緊迫感があって、最初から物語に引きこまれていきます。
終わってみれば、この事件、そんなに大した謎も仕掛けも無かった訳ですが、なぜか見入ってしまいました。

まあ、せっかくの劇場版なので、もっと大きい仕掛けとか、陰謀とかがあっても良かったのではないかと思いましたが、主に姫川と牧田勲(大沢たかお)、そして菊田和男(西島秀俊)の胸に秘めた思いを中心に描かれていました。
また、勝俣健作(武田鉄矢)や日下守(遠藤憲一)と姫川の対決なども期待していたのですが、たいした出番もなくて残念です。

出会ってすぐに姫川に魅かれた牧田の気持ちはなんとなくわかりますが、牧田が暴力団の幹部と知っても、なお体を許した姫川の気持ちがよくわかりません。
ラブシーンも短絡的で盛り上がりがありません。
それになにも言わずにずっと我慢して姫川を見守る菊田もよくわかりません。

ラストシーンの交差点、牧田が血を流して倒れているのにまわりに停車している車から誰も降りてこないのは、いかにも不自然な気がします。
それなのに無理にアップで映すのもどうかなと思います。
怒鳴り声もクラクションの音もない。
公道での大規模な撮影だったということをアピールしたかったのですかね。
ちょっと興ざめしました。

ところで、このストロベリーナイトシリーズは音楽がいいですね。
実にカッコ良くて印象的な曲です。
また、テレビ版でのタイトル画面、イチゴのなかで人の顔?が動いているイメージがなんとも言えないですね。

いろいろと突っ込みどころはあると思いますが、まあ楽しめる作品になっていたと思います。

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発