頭文字D THE MOVIE

頭文字D THE MOVIE

2005年公開の香港映画です。

藤原拓海(ジェイ・チョウ)はとうふ屋を営む父(アンソニー・ウォン)と2人で暮らすごく普通の高校生である。
だが、拓海は、父から命じられたとうふの配達で、毎日、愛車ハチロク(AE86)に乗って、秋名山の峠を往復している間に驚異的な運転技術を身につけていたのだった。
そんな拓海に峠の走り屋たちがレースバトルを挑んでくるのだが・・・。

原作は、しげの秀一の漫画です。
彼の作品で、最初に読んだのが「バリバリ伝説」でした。
バイク乗りのお話です。
すごく面白くてやみつきになったことを覚えています。

「頭文字D」は車がテーマですが、こちらも面白いですね。
実写版はどうなのかなと不安でしたが、迫力ある描写で満足しました。
ドリフトシーンなどもリアルでしたね。

ストーリーは原作のエピソードをかなり圧縮して、いいとこ取りみたいな感じですね。
また、それにあわせて、登場人物の設定もかなり変更されていました。
でも、それはそれで、面白い仕上がりになっていたと思います。

ところで、この映画オリジナルは広東語なんですね。
俳優もほとんどが香港や台湾の若手俳優ですし、どうしてでしょうか?

ですが、拓海役のジェイ・チョウ、樹役のチャップマン・トウなどはなかなか原作のイメージに合っていたと思います。
拓海のボーとした感じが良かったですね。(・・・もう少し若ければもっと良かったかも。)

ただ、文太役のアンソニー・ウォンは、ちょっとだらしない感じです。
そうする必要があったのか疑問でした。
それと、茂木なつき役の鈴木杏ですが、まあ可愛いのですが、原作のイメージとはちょっと異なっていました。
原作より、ちょっと大人びた感じですかね。
”萌え”が足りないというか・・・

気になったのが、拓海がバイトしているガソリンスタンドが”ENEOS”になっていたことです。
まあ、ストーリーには関係ありませんが、ちょっとした発見でした。

続編が出来ればいいのに・・・と思った作品でした。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: ドリフト | Every day is Sunday.

Comments are closed.