ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋

2009年公開の日本映画です。

ある日、田口公子(竹内結子)の元に救命救急のエースである速水晃一(堺雅人)が医療業者と癒着しているという内部告発文が届く。
告発文を巡る問題は厚生労働省の白鳥圭輔(阿部寛)や精神科助教授の沼田利博(高嶋政伸)、当事者の速水、看護師の花房美和(羽田美智子)を巻き込んだ複雑な問題へと発展していくのだった。

チーム・バチスタの栄光」の田口・白鳥コンビのシリーズ、劇場版の2作目です。

先に書きましたが個人的には2作目のこの映画の方が好きです。

速水役の堺雅人が良かったですね。
この作品一応殺人事件も起こりますが、物語の中心は救急医療の現場で、その重要さや困難さ、問題点などがテーマになっています。
そういう面に立ち向かっていく、ひとりの医師を好演していました。

また、彼を嗅げながら支える看護師・花房美和役の羽田美智子も良かったですね。
ちょっと老けた感じもしますが、それが実にいい味わいを醸し出しています。

最後に「ルージュ」の秘密が解ることろなどは心を打たれますね。
ハッピーエンドで終わって良かったです。

お薦めの作品です。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: チーム・バチスタの栄光 | Every day is Sunday.

Comments are closed.