のぼうの城

のぼうの城

2012年公開の日本映画です。

忍城の領主・成田氏一門の成田長親(野村萬斎)は、領民から「のぼう様」(でくのぼうの略)と呼ばれ、親しまれていた。
そんなとき、天下統一目前の豊臣秀吉は小田原征伐に乗り出すのだが、北条氏政は関東各地の支城の城主に籠城に参加するよう通達する。
そして、秀吉の命を受けた石田三成(上地雄輔)は2万超の大軍を率いて、忍城に攻め入るのだった。

見応えのある映画でした。

ストーリー自体も良く出来ており、とても面白かったです。
2万人の大軍に対して、わずか500人あまりの兵で戦いを挑み、勝利するという展開は、大好きな設定ですね。
映画「墨攻」の様な感じですかね。

冒頭の秀吉の「水攻め」のシーンは圧巻でしたね。
なかなか迫力がある映像でした。

また、長親役の野村萬斎が実にいい味を出しています。
劇中で長親がみせた「田楽踊り」もみごとでした。
(まあ、野村萬斎が主演ということで、どこかで踊りのシーンがあるかと思ってはいましたが・・・)

光成役の上地雄輔はじめ、佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充なども生き生きとした演技を魅せてくれていました。

ですが、甲斐姫役で出演していた榮倉奈々。
時代劇はあまり似合いませんね。
まあ、嫌いではないのですが、ちょっとどうかなという印象でした。

久しぶりに面白い時代劇を観たという印象です。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発