アベックパンチ

アベックパンチ

2011年公開の日本映画です。

「アベック」とは、男女がペアになり、手を繋いだ状態で戦う架空の格闘技。
お金も彼女も無い不良高校生のイサキ(牧田哲也)とヒラマサ(鈴之助)は、いつも一緒につるんでいた。
ある日、「アベック」のチャンプと出会ったことから、彼らの生活が変わっていくのだった。

この映画、原作はタイム涼介の漫画なんですね。
全然知りませんでしたが、武田梨奈が出演しているということで、なんとなく観てみました。

ところが、その彼女がなかなか登場しません。
しかも、後半やっと登場したかと思ってもほとんど活躍の場面がありません。
「アベック」という架空の格闘技で凄技を魅せてくれるのかなと思っていましたが、とんでもありませんでした。
別に武田梨奈でなくとも誰でも良かったのではと・・・。

まあ、そういう意味ではガッカリしましたが、映画自体は結構楽しめました。
見るからに低予算のB級映画でしたが、不思議なパワーがありました。
(ちょっと大げさかも。)
格闘技のアクションにもっと迫力があれば、なお良かったと思います。
真面目に観るのも何ですので、軽く観てみましょう。

チャンプとの戦いを期待していたのですが、その対戦が描かれていなかったのが残念です。

評価 6

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発