ジュラシック・パーク

ジュラシック・パーク

1993年公開のアメリカ映画です。

古生物学者グラント(サム・ニール)とサトラー(ローラ・ダーン)、数学者マルコム(ジェフ・ゴールドブラム)が南米コスタリカの沖合いに浮かぶ島の”ジュラシック・パーク”を訪れる。
そこは、琥珀に閉じ込められた蚊のDNAからクローン技術によって蘇った恐竜たちを放し飼いにするというアミューズメント・パークだった。
だが、“ジュラシック・パーク”を見学中の彼らに次々とトラブルが襲いかかるだった。

久しぶりに観ました。
古い映画なのですが、今観ても面白いですね。古さを感じさせません。

当時、大ヒットした映画なので、何度も観たと思いますが、案外ストーリーは覚えていないものですね。
結構、新鮮に感じました。
特に人間が襲われるシーンは迫力ものです。
それに結構リアルでした。

いろいろな恐竜が登場します。
なかでも、私は”トリケラトプス”が好きですね。
病気にかかっている設定でしたが、存在感がありました。

凶暴な恐竜たちに襲われる人間たちですが、観ていると恐竜もなかなか頭がいいですね。
どんくさいのが金儲けのことばかりを考えているバカな人間たちの方です。

この後、続編で、「ロスト・ワールド」、「ジュラシック・パーク3」が制作されていますが、また観たくなってしまいました。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発