G.I.ジェーン

G.I.ジェーン

1997年制作のアメリカ映画です。

アメリカ海軍所属のジョーダン・オニール大尉(デミ・ムーア)は、軍隊の男女差別撤廃を唱えるデヘイヴン上院議員の要請で、志願者の60%は脱落すると言われる最難関の海軍特殊部隊の訓練プログラムに挑むことになる。
だが、そこには想像を絶する訓練と訓練生たちからの軽蔑の眼差しが待っていたのだった。

久しぶりの更新です。
ちょっと古い映画を観てみました。

この映画、何と言ってもデミ・ムーアがいいですね。
この撮影のためでしょうか、彼女の鍛え抜かれたボディが見事です。
筋肉は付いているのに胸はしぼんでいません。(爆)

最初は他の訓練生から無視される彼女だったが、徐々に信頼を得ていく過程はお決まりのストーリーですが、わかっていても面白いですね。

厳しい訓練の様子もリアルで迫力があります。
訓練では実弾を使っているようですね。
アメリカの軍隊では、実際の訓練もそうなのでしょうか?

また、オニールがデヘイヴン上院議員と取引するシーンも見応えがあります。
こういう展開は大好きですね。胸がスッとします。(笑)
政治の世界は、日本もアメリカも同じみたいですね。

ところで、彼女が一人で体を鍛えているシーンでは、映画「ロッキー」を思い出しました。
それと海軍特殊部隊の訓練シーンは、映画「愛と青春の旅だち」を観ているようでした。
まあ、同じアメリカの軍隊ですから、似ていても不思議はないのですが・・・。

アメリカですからもっと合理的な訓練プログラムかなと想像していましたが、根性、根性、また根性みたいな精神論的なところもあるのが意外ですね。

古い映画ですが、何回観ても面白い映画ですね。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発