007 スカイフォール

007 スカイフォール

2012年公開のイギリス・アメリカ映画、007シリーズの23作目です。

ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)はトルコでの作戦に参加していた。
MI6の工作員が殺され、全NATO工作員の情報が収められたディスクが奪われたのだった。
ボンドはディスクを取り戻すべく、イヴ(ナオミ・ハリス)とともに実行犯・パトリスを追跡する。
M(ジュディ・デンチ)の命令により、イヴは列車の屋根でボンドと格闘しているパトリスを狙撃するのだが、誤ってボンドに当たり、ボンドは峡谷に落下してしまうのだった。

007シリーズの最新作です。
前から観たい思っていたのですが、なかなか観れず、やっと観ることができました。

ダニエル・クレイグは相変わらずシブイですね。
これで3作目ですが、彼のボンドは大好きです。

ストーリーはそれほど凝ったものではありませんが、観ていて飽きるところはありません。
また、演出も抑え目で派手なシーンも少ないように思えますが、逆に現実感がありました。
ですが、007シリーズのツボはしっかり押さえています。

ダニエル・クレイグの出演作品では、はじめて Q が登場します。
いきなり若くなっていて驚きました。
特殊兵器も派手なものではなく、指紋認証の拳銃と発信機だけというシンプルさも良かったです。でも、せっかく捕えたシルヴァをあっけなく逃がしてしまったのは、若さゆえでしょうか。

元工作員のシルヴァとボンドとの M をめぐる戦いなのですが、ラストはちょっと、という感じです。
あまりにもあっけない幕切れです。
また、シルヴァが M に寄せる異常な想いが良く理解できません。
そして、ボンドも結構な齢だと思うのですが、結局、現役に復活することになるのですね。
大丈夫でしょうか?(笑)
でも、ダニエル・クレイグのボンドもこれで最後でしょうね。

ところで、この 007シリーズ、次回作があるのかどうかとても気になります。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発