ラーメンガール

ラーメンガール

2008年製作のアメリカ映画です。

アメリカ人女性のアビー(ブリタニー・マーフィ)は、恋人のイーサンを追って日本に来たのだが振られてしまう。
落ち込んでいたアビーは、とあるラーメン屋で一杯のラーメンを食べる。
そのラーメンに感動した彼女は、ラーメン屋になることを決心し、そのラーメン屋の主・マエズミ(西田敏行)に弟子入りして修業を始めるのだった・・・。

タイトルのとおりラーメン作りがテーマの映画ですが、ラーメン作りのいろはが少しも描かれていません。
とあるラーメン屋の主が作るそのラーメンがどうしてそんなに美味しいのか、その秘密も明らかにされていません。

また、主役のブリタニー・マーフィ演じる女の子が、突然ラーメン屋になろうと決心するくだりも妙に不自然で、現実味がありません。
西田敏行はいつもの演技で観ていて面白いのですが、なるほどと観客をうならせるほどの技も披露されていれば良かったと思います。
例えば「The焼肉ムービー プルコギ」のような奥深い演出があれば、もっと楽しめたのではないかと思います。

ラーメン作りのスピリットも言葉だけで表現されており、結局のところ何も伝わってくるものがありませんでした。

評価 4

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発