東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男

2011年の日本のVシネマ作品です。

東京大学工学部の学生・須田良規(岡部尚)は、希望だった大学院の試験に落ちてしまう。
そんな彼を友人の奥村恵(折原みか)は窘めるのだったが、良規は雀荘の定員として働きだすのだった・・・。

まじめな映画です。・・・と言っては語弊があるかもしれませんが、「雀鬼」などの裏技が盛りだくさんの麻雀映画ではなく、しいて言えば文学的?な麻雀映画です。

物語は淡々と進行していき(盛り上がりに欠けると言われればそのとおりなのですが)、映画を見終った後はちょっとだけ、すがすがしい感じがしました。

特にこれと言った見どころもないのですが、奥村役の折原みかが良かったかな。
演技はそれほどでもありませんでしたが・・・。

雀荘のメンバーの仕事を描いてあり、奥の深い作品になっていると思います。
(でも、話はさほど面白くありませんので期待せずに・・・)

まあ、麻雀好きでちょっと息抜きしたい方にお薦めしたい映画です。

評価 4

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発