孤高のメス

孤高のメス

2010年公開の日本映画です。

市立のさざなみ病院には、ろくな手術もできない外科医師しかおらず、いつも近隣の大学病院に助けてもらっていた。
病院の医師や看護婦もすっかりやる気を無くしてしまっている。
そんな時、市長の肝いりでピッツバーグ大学から外科医・当麻鉄彦(堤真一)が赴任してくる。
患者の事を第一に考え、あざやかな手際でオペをする当麻。
そんな彼に第一外科医長の野本六郎(生瀬勝久)らは反発するが、オペ看の中村浪子(夏川結衣)たちは仕事へのやる気を取り戻していくのだった・・・。

まず、医療映画だけに患者の臓器などがかなり精巧に作られていました。
「医龍」や「Doctor-X ~外科医・大門未知子~」などの天才的な外科医の手術シーンとは違って、リアリティがあったと思います。
また、俳優陣も素晴らしく、当麻や浪子の手術シーンもみごとでした。

この物語は全編浪子の回想シーンで構成されていますが、無責任な派遣医師に対する浪子が感じるやるせなさや当麻が赴任してから、だんだんと生きいきした自分に変わっていく様子がうまく表現されています。

この後、どのような展開になっていくのかワクワクします。
というより、どっぷり物語に浸かっていくような感覚でしょうか。

ただ、物語の後半にある ”脳死” については、少し突っ込み不足の感じがしました。
当麻が不起訴となった展開もあまりにあっけない結末でした。
ちょっと残念でしたが、優秀な外科医である当麻がいろいろな病院を転々としている理由がなんとなくわかりました。

話しが変わりますが、悪者役の野本が倫理委員会にかけられるという展開は良かったですね。
野本を何とかして欲しいとかなり期待していたので、満足な終わり方でした。

やはり、最後には正義が勝たなければ。(笑)

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発