ホステル

ホステル

2006年公開のアメリカ映画です。

アメリカからやってきた大学生のパクストン(ジェイ・ヘルナンデス)とジョシュ(デレク・リチャードソン)はヨーロッパ各地を旅行していた。
途中アイスランド人のオリーが加わり、3人は毎夜派手に遊び歩いていた。
ある日、スロバキアある田舎町に女性と楽しく遊べるホステルがあるとの噂を耳にし、3人はそこへ向かう。
そのホステルは噂通りで、同室の女性2人と楽しい一夜を過ごすのだった。
ところが翌朝、オリーが「帰国する」とのメッセージを携帯電話に送ってきたまま行方不明となってしまう・・・。

かなり変わった物語です。
結構グロいシーンもありますので、嫌いな方は観ない方がいいでしょう。

前半は普通の映画の様(ちょっとセクシーですが抑え目です。)でしたが、後半は一転します。
なかなかストーリーが読めませんでしたが、徐々に真実があきらかになります。

結局、拉致した生贄をお金で買い、拷問して楽しむマッドな会員制のグループの話しみたいです。
でも、グループというか、その小さな町ぐるみの企てでしょうか。

なんだか現実離れしている物語のようですが、人間が持つ本能的な冷酷さみたいなものを表現しているのでしょうか?
確かに「グロテスク」とは違ってストーリー性というか、テーマがあるような気がします。

直接の拷問シーンはそれほど多くはありませんが、映像を通して恐怖感が漂ってきます。
でも、少し展開がゆるやかなので中だるみします。

ところで、途中に出てくる子供たちの強盗団にどういう意味があるのかよくわかりませんでした。

最後の日本人女性の犠牲者の姿は凄惨でしたね。
果たしてパクストンは逃げ延びることができたのでしょうか。

評価 5

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: ホステル 2 | Every day is Sunday.

  2. Pingback: ホステル 3 | Every day is Sunday.

Comments are closed.