るろうに剣心(実写・劇場版)

るろうに剣心(実写・劇場版)

2012年公開の日本映画です。

幕末の京都、神速の剣技を持ち「人斬り抜斎」と呼ばれるひとりの暗殺者、緋村抜刀斎(佐藤健)が幕府の要人たちを震撼させていた。
それから時は過ぎ、明治11年。
抜刀斎は剣心と名を変え、「不殺(ころさず)の誓い」をたて、か弱き人々を助ける流浪人(るろうに)として、日々を送っていた。
だが、剣心が東京に着いた頃、神谷活心流人斬り抜刀斎と名乗る辻斬りが出現していたのだった・・・。

和月伸宏の漫画「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」を実写化したものです。
私はこの漫画の大ファンで、コミック、アニメも全て見ました。

抜刀斎役が佐藤健だということで、かなり期待していましたが、なかなかの出来栄えでした。
佐藤健が剣心の穏やかで優しそうな雰囲気を上手く演じていました。
また、抜刀斎の神速の剣技もスピード感溢れる映像でよく表現されていたと思います。
特に、鵜堂刃衛(吉川晃司)との対決シーン、刃衛の「背車刀」、剣心の飛天御剣流・奥義「双龍閃」の殺陣はカッコ良かったですね。

”飛天御剣流の抜刀術は、全て隙の生じない二段構え”

ただ、「心の一方」にかかった薫の叫び声は、少し迫力に欠ける刊がありました。
もう少し心からの叫びが表現できれば、なお良かったと思います。

ストーリーは、原作のニセ抜刀斎騒動、観柳邸突入、鵜堂刃衛の黒笠事件等をアレンジして組み合わせて作られています。
それに、斎藤一(江口洋介)を無理やり登場させた感じです。
ただ、四乃森蒼紫が登場しなかったのは残念でした。(結構ファンです。笑)

江口洋介の斎藤一はまあまあでしたが、もう少し残忍さや冷酷さが欲しかったところです。(まだまだ、甘いですね。)
牙突」のシーンもいまいちでした。それに「牙突零式」が見たかった。

また、 神谷薫役の武井咲は、それなりに可愛いのですが、原作のイメージとは若干違っていました。
(なにが違うのかと言えば、可憐さですかね。)

一方、高荷恵役の蒼井優ですが、雰囲気は出ていたと思いますが、ちょっと色っぽさに欠けるところがあります。
(もっと悪女の雰囲気、妖艶さが欲しいところです。)

武田観柳役の香川照之は、さすがですね。原作にイメージにピッタリでした。
(観柳のいやらしさが滲み出ていました。)

全体的にはまとまっていて面白い作品になっていたと思います。
せひとも、続編、特に志々雄真実との対決、そして、「天翔龍閃」が見たいものです。

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発