Zero WOMAN R 警視庁0課の女 欲望の代償(2007年)

Zero WOMAN R 警視庁0課の女 欲望の代償(2007年)

2007年公開の日本映画です。

警視庁0(ゼロ)課所属の女刑事・レイ(三浦敦子)は、政界、官界、財界の要人が次々と殺されていく連続殺人事件を捜査していた。
一方、元警視庁捜査一課のキャリア・早見(三浦誠己)は、過激派の犯行と踏んで捜査していたのだったが、現場に居合わせたレイに疑念を抱き、レイと0課についても調べ始めるのだった・・・。

駄作です。
ハードボイルド&アクションを期待していたのですが、ダメダメでした。

初っ端、拘置所の中でのレイのレズシーンから始まります。
それからユキ(範田紗々)やレイのセックスシーンなど、セクシーシーンのオンパレードです。
ストーリーも何もありません。
レイ役の三浦敦子もそれほどの美人でもなく、全く面白くありませんでした。

この作品「0課の女 赤い手錠」のシリーズ(現代版)ですが、昔の作品の方がドロドロとした雰囲気があり、断然面白いですね。
新しい作品になるほど面白味が無くなってきている感じがします。

最後のレイとユキの対決の場面は、見せ場になるはずだったのに、大したアクションもなく、しかも尻切れの形で中途半端に決着がついてしまっています。

正直、お薦めできません。

評価 2

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発